• 動画ブログシステム
  • TVphoneショッピングシステム
  • 開発実績
  • ブロードバンド3時間分の配信で月額4,980円(税別)業界最安値 Flash動画配信サーバサービス 動画配信 あんどぅらく(安動楽)はこちら
  • ホームページの動画配信を全て任せて月々3,900円~まとめて1パック。
  • プレゼンテーション、e-Learnnings、決算説明のPRストリーミングはこちら 動画と静止画が連動するストリーミングです
  • お問合わせ
  • アクセスマップ
  • ストリーミング・ジャパン モバイルサイト
ストリーミング・ジャパントップ > システム開発 > TVPhoneショッピングシステム

FCS(Flash Communication Server)によるTV電話システム

TV電話システムは、Adobe(旧Macromedia)社のFlash Communication Server(以下FCS)を採用して開発されています。
FCSは、インターネットを通じて、動画や音声のやりとりができるシステムです。TV電話システムは、このFCSをベースに、大きく分けると
【1】本部と店舗がTV電話通話をする機能
【2】本部がデータベースから画像などを選択して、店舗側の画面に表示する機能
を実装したシステムです。
このシステムの搭載されたサーバ1台の他には、本部側、店舗側ともインターネットに接続されたパソコンと、パソコンに動画を送るためのWebカメラがあればOKで特別な設備投資は必要としません(Webカメラは1台数千円です)。このため、極めて低いコストで多店舗展開が可能です。


【1】のTV電話機能では、通常の電話と同様、店舗からの呼び出しに応じて、本部側が応答、通話を開始します。
また、画像等の登録、表示するために、サーバにはデータべース機能が装備されています。

今回、TV電話システムの開発にあたり、FCSを採用したのは、以下のような点で優位性があるためです。
【1】画像データの取り扱いに優れている
【2】TV電話使用にあたり、特別なソフトが不要

【1】画像データの取り扱いに優れている
Flash とはAdobe(旧Macromedia)社が開発した、音声やグラフィックスのアニメーションを組み合わせてホームページ(ウェブサイト)のコンテンツを作成する技術です。また、マウスやキーボードの入力により双方向性を持たせる機能もります。作成されたファイルのサイズも小さくインターネット上で、初めて実用に耐えるアニメーションツールとして登場したため、広く普及しています。通話画面とデータ表示画面のデザインの自由度が高いことが必要なため、FCSを採用しました。その結果、ユーザの希望になったユーザインタフェイス(操作画面)を実現し、また多数の画像もスムーズに画面上に表示できるようになっています。

【2】TV電話使用にあたり、特別なソフトが不要
Flashによって作られたファイルを閲覧するには、Webブラウザに専用のプラグイン「Flash Player」をインストールしておく必要りますが、このFlashPlayerは現在普及しているパソコンの97%に既にインストールされていますので(Adobe(旧Macromedia)社調べ)ほぼ、デファクトスタンダードといえ、実質的に特別なソフトが不要といえます。
現在、TV電話システムはいくつか市場にでていますが、その多くは「TV電話をするために専用ソフトのインストールが必要」となっています。専用ソフトは、最近よく耳にする「コンピュータウイルス」などのおそれがあったり、パソコンに不具合が生じたりする可能性が皆無ではないため、パソコンの知識があっても二の足を踏むものです。また企業によっては、そのような被害をあらかじめ防ぐため余計なソフトのインストールを禁じているところもあります。そもそも、「ソフトのインストール」と聞いただけで、不安を感じる方も少なくありません。TV電話システムは、上記の理由から余計な手間をかけずに利用することができます。

展用事例